出会い

出会い

出会い

エマとの初めての出会いは隣町のペットショップでした。

2年以上前の出来事です。

主人も私も、結婚する前にそれぞれ柴犬を飼っており、柴犬愛は人一倍ありました。
飼うなら柴犬だよねと決めており、「早く飼いたいね」といろいろなペットショップをまわって捜していました。

その日は4軒目のペットショップで、運命の出会いをしました。

そこのお店では4匹の可愛い柴の仔犬がいました。
茶柴3匹、黒柴1匹
いや、全員可愛すぎるだろ・・・!!!
1つのお店でこんなに多くの柴の仔犬を見たことが無かったので大興奮!

その中でも大人しそうで優しい顔をした子がいて、一目惚れをしてしまいました。
それがエマでした。
ペットショップにて

もう絶対にこの子だ!と思い、その場で主人に「めっちゃ可愛い柴の赤ちゃんがいたから仕事終わったらソッコー来て!」と連絡をしました。

主人の反応

作業服のまま急いでお店に来てくれました。
「なんて可愛いんだーー!!!」と半泣きになりながら抱っこをしていました。
そんな主人を見て、私も涙ぐんだのを覚えています。

ペットロス

数年前に主人の実家の柴犬が亡くなり、主人は長年共にした大好きなサクちゃんがいなくなった悲しみを引きずっていました。今回柴犬を飼おうと思ったのも主人はもちろんのこと、主人の両親のペットロスの悲しみが少しでも無くなればいいなと思ったのも飼おうと思った大事な理由の1つです。

きっと主人はエマを見た時、サクちゃんのことを思い出し、また再会できたような気持ちになったんだと思います。

さぁ飼おう

飼う契約をし、次の日お店にエマを迎えに行きました。
ゲージ、今まで食べていたドッグフード、器、おもちゃを購入しました。
家へ向かう車の中でエマは大人しく段ボールへ入っていました。
揺れが少ないよう、安全ずぎる程の安全運転で帰りました。

成長

今回エマは室内で飼うことにしました。
今まで外でワンちゃんを飼っていたので、室内で飼うのは初めてでした。
また久しぶりの仔犬との生活だったので、トイレのしつけや、甘噛みをしないように教えるなど苦戦しました。

食べて寝て食べて寝て・・・
仔犬時代

今に至るという感じです。
今の写真

エマと一緒に暮らすようになって、家族の会話や笑顔が以前より増えたように感じます。

主人の両親が初めてエマに会いに来てくれた時、満面の笑顔でヨシヨシ頭を撫でてくれた時は感動して涙が出そうでした。大事な家族を失った悲しみは計り知れません。何年経っても忘れられるはずがありません。

しかし、いつまで経っても悲しいという感情が強いよりも、愛犬と過ごした時間が楽しいものであったなぁと笑顔で振り返って貰える方がワンちゃんも嬉しいと思います。
今両親はそうなれたのかなぁと思います。

ありがとうエマ( ˘ω˘ )
これからもよろしくね!

コメント